So-net無料ブログ作成
検索選択

浦和「差別的横断幕」厳罰処分から一夜明けて思うこと

昨日決定した浦和レッズへの厳罰処分から一夜明けて、改めて考えてみる。

「差別的横断幕」を掲げた浦和レッズに対しては重い厳罰処分は当然の
こととみる向きが多いかと思いますが、一方の無観客試合を余儀なくされた
清水エスパルスは一方的に不利益を被ることになっていると思いました。

多くの浦和サポーターも残念に思っていると思いますが、一部の熱狂的
サポーターの存在は以前から目についていたはず。

クラブとしてより良い方向に進むための処分と思えば、まだ浦和サポーターは
真摯に受け止めることができるでしょう。

しかし、清水エスパルスの選手、サポーターは、可哀そうです。

楽しみにしていた試合が見られなくなるのですから・・・。

そう考えると、勝ち点剥奪の方が良かったのでは・・・?と思ってしまいました。

浦和レッズのみの厳罰処分となる対応をすべきではなかったかな、と。

無観客試合は、やはりできるだけ実施しないようにしていくべきではないかと
思いました。



そして明日はもう土曜日でJ1リーグ第3節です。
浦和レッズはサンフレッチェ広島との対戦です。

これまた厳罰処分後の試合、両監督、両選手、両サポーターと因縁を感じさせる
要素が盛りだくさんで注目のカードです。

明日の試合は、フェアプレーで、ワクワクする試合を期待したいです。


ナイキ レプリカウェア サンフレッチェ広島 SQUAD トレーニングトップ14

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。